2018年05月16日

岐阜県・羽島市竹鼻町 共楽園赤線(遊郭)跡 付・南寺内新開地のこと








三栄荘


竹鼻にはふたつの集娼地がありました。
ひとつは戦後の赤線である共楽園。
もうひとつは戦前の私娼街である南寺内新開地。

まずは、共楽園を訪ねました。
さきほど、共楽園を赤線と書きましたが、青線だとする書物もあります。
ただ、今回、お話を聞かせてくれた地元の方が赤線とおっしゃっていたので、この記事では赤線としました。


竹鼻・共楽園のアーチ


さて、共楽園の入り口は上の写真のあたり。
このあたりに共楽園のアーチがかかっていました(アーチの内側から外側を撮っています)。
売春防止法が施行され、共楽園が廃止されても、昭和37年ごろにはまだアーチは残っていたそうです。

入リ口、といっても実際に共楽園があったのはまだ向こう。
アーチをくぐり、一本目の筋をすぎたあたりから共楽園がはじまりました。
残念なことに、もう当時の建物は残っていませんが、いろいろな方からお伺いした話をもとに再現します。


竹鼻・共楽園一富士


上の写真はアーチをくぐって一本目の筋を過ぎたあたり。
まず、この道の左側、車が止まっているあたりに一富士さんがありました。
その右側には加茂川さん。
そして、加茂川さんの角を左に曲がります。


竹鼻・共楽園のんき


左に曲がったのが上の写真のあたり。
加茂川さんの右には、屋号不明のお店(どなたもはっきりと覚えてらっしゃらなかった家)がありました。
その右側にはへうたんろうさん。
ここで余談になりますが、このへうたんろうさんをやってらっしゃった方は、先ほどのアーチの傍らにあった”三の宮食堂”も経営されてたそうです。
なお、”三の宮食堂”は、今は経営者がかわり、”軽食・喫茶いなほ”の一部になっています(今の”軽食・喫茶いなほ”は、”三の宮食堂”と隣にあった店をひとつの店にしたものです)。
この”軽食・喫茶いなほ”もとても素敵な建物で紹介したかったのですが、お店の方のご希望により写真はありません。


竹鼻・共楽園を隔てる水路


さて、話を戻します。
へうたんろうさんの右は、屋号不明なお店。
そして、その右にあったのが新栄さんでした。
そして、手前のY字型の道にはさまれたところにあったのがのんきさん。
おおむね、こんな感じだったようでした。


竹鼻・川町菊水
川町


共楽園はわかりました。
しかし、もうひとつの目的地・南寺内新開地についてはぜんぜんわかっていません。
カストリ書房さんから復刻されている、内務省衛生局発行の『業態者集団地域ニ関スル調ベ』昭和九年十月版には竹ヶ鼻町の南寺内新開地として記録があります。
しかし、同じ本の昭和八年十月版、昭和十三年一月版、昭和十四年一月版には南寺内新開地は記録されていないのです。
そして、これらの版においては、同じ岐阜県の大垣市の項に、南寺内と新開町という南寺内新開地に酷似した名称の集娼地の記載があります。
ということはもしかすると、昭和九年十月版の竹ヶ鼻町の南寺内新開地という記載は、大垣の南寺内新開町とするべきところを内務省のお役人が誤って記載したのかもしれません。


竹鼻・下町
下町


そうなると、そもそも、戦前の竹ヶ鼻町に集娼地があったかどうかも怪しく感じられますが、昭和7年から昭和18年までの間、竹鼻には町営の花柳病予防代用診療所があったという記録がありますので、集娼地があったことは確かなようです。
しかし、いろいろな方に聞いてみても、南寺内新開地を知る人はいませんでした。
ぼくは、過去に芸妓置屋などがあった川町あたりに新開地があったのではないかと思っていましたが、聞いた人たちはみんな否定しました。
そして、戦前に歓楽街があったとしたら、それは川町よりももっと北にある栄町のあたりだろうと口をそろえて言うのです。


竹鼻・下町
下町


ぼくは、それでも自説をあきらめきれずに川町、そして春馬車さんにサジェストされた、タイルを使った家が散見される下町あたりをさまよいました。
しかし、新開地の痕跡は見つけることができませんでした。
そして、疲れ切って栄町に向かいました。


竹鼻・栄町待合春日乃
栄町


栄町も待合だった家や、料理屋だった家が残っています。
そして、ふと見上げた栄町の一角に立つ電柱には「新天地」という名前が残っていました。

新開地と新天地。
似ているようで全く違うふたつの地名ですが、ここが新開地だったのかも・・・と思いながら栄町を後にしました。


竹鼻・栄町


共楽園・行き方
名鉄竹鼻線竹鼻駅下車。駅前からまっすぐ南に伸びている道を約10分歩くと”喫茶・軽食いなほ”がある五差路に出ます。そこを左折したところが共楽園のアーチがあったあたり。


竹鼻・地図



参考ウェブサイト:

竹扇(羽島はレンコンの産地です!ここのレンコンかつ丼はうまい!)
http://chikusen.gozaru.jp/


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村






竹鼻・栄町早川料理店
新天地
(2018年5月15日)
posted by ahoujin at 02:05| Comment(0) | 遊郭(岐阜県)

2018年04月03日

愛知県・愛知郡鳴海町 鳴海園赤線(遊郭)跡







国道1号線鳴海栄交差点オアシス
国道1号線鳴海栄交差点


『夜になると、(国道1号線に)トラックがたくさん停まってたがや』
当時はまだ未舗装だった国道1号線。
車が通るたびに土埃がもうもうと立ったといいます。
南側は一面の田んぼでした。
今では考えられないことですが、その1号線に夜は路上駐車がずらりと並んでいました。
路上駐車をして向かった先は、鳴海園。
1号線のすぐ北にあった赤線です。


鳴海園・入口


鳴海園。
『愛知県警察史』によれば、業者数7人、従業婦数24人。
こじんまりとした赤線でした。
今はもう住宅街となっています。
往時、上の写真の家と家の間が鳴海園の入り口でした。
鳴海園の入り口といっても、この写真に写っているのは食堂やうどん屋さんなどがあったところで、特殊カフェーは通りの中にありました。
また、ちょっと通りを入ったところにはちいさなお好み焼き屋さんもありました。


鳴海園・メインストリート


同じ場所を角度を変えて撮影したのが上の写真です。
鳴海園は通りを挟んだ両側にお店が並ぶスタイルでした。
この並んだ二軒の間の通り(写真で車が停まっているところ)がいわばメインストリートで、特殊カフェーの入り口はみなこの通りに向いていたそうです。
でも、今はもう行き止まりになっているので、この通りを歩くことはできません。


鳴海園・北側有楽荘


メインストリートが通れないので、外から鳴海園を見てみましょう。
まずは北側から。
上の写真をご覧ください。
駐車場になっているあたりにあったのは遊郭・有楽荘さん。
その右も遊郭(屋号は不明です)、その右は飲食店だったと聞きました。


鳴海園南側・新船


続いて、南側から。
上の写真をご覧ください。
手前の駐車場が特殊カフェー・東雲さんがあったあたりです。
なお、今回、お話を聞かせていただいた方々は屋号を東雲と記憶されていましたが、手元の資料では新船となっています。
経営者は変わっていないようですので、いずれかの時期に屋号を変えたのでしょう。
その右が遊郭・白扇さん、その右には検黴か検番がありました(お話をお伺いしているときは、検黴だと思って聞いていたのですが、今思うと検番とおっしゃったのかもしれません)。
鳴海園の特殊カフェーは他に初港さん、一徳さんがありましたが、残念ながら今回の調査では場所を特定できませんでした。


鳴海駅旧バスターミナル
鳴海駅旧バスターミナル


まわりの家々が井戸を使っていた頃から、鳴海園だけは水道が通っていたという話も聞きました。
どんな事情があったのでしょうか。


鳴海球場
鳴海球場


参考ウェブサイト:

マイセン(鳴海園の入り口近くにある喫茶店です。11時までモーニングあります。オススメ♪)
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23018058/

鳴海球場界隈(鳴海と言えば鳴海球場)
http://www.geocities.jp/kentpapajp/mw/column4.htm


鳴海・鳴海球場裏
鳴海球場







鳴海・旧東海道
旧東海道


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


鳴海・上汐田
(2017年11月25日、2018年4月3日)
posted by ahoujin at 21:03| Comment(2) | 遊郭(愛知県)

2018年03月18日

愛知県・春日井市上条(和爾良) 道風荘赤線(遊郭)跡







春日井。・道風荘


上に掲げたカラー写真の大通り。
かつてはこの通りが春日井のメインストリートでした。
道の両側には商店や会社が軒を連ねていましたし、国鉄バスは颯爽とこの道を通り名古屋の栄まで走っていたそうです。
女学生時代、そのバスで名古屋まで通学していた方が教えてくれました。


春日井・伊藤テーラー


『昔はね、王子製紙の女工さんでこの通りがいっぱいだったんだよ』
当時からこの通りに住んでいる方が教えてくれました。

…1970年代、中央本線を高架で越える新道ができました。
この通りにあった踏切が閉鎖され、通りは行き止まりになってしまいました。
そして、通りから賑わいが消えました。


春日井・サロンドアイ


時間を戻しましょう。
この通りがメインストリートだった頃、一般の商店に混じり、特殊カフェーも並んでいました。
赤線・道風荘です。
いつものように『愛知県警察史』をひもとけば、道風荘は業者7人、従業婦数14人との記載があります。
ぼくの知る春日井の特殊カフェーは以下の9軒です。


栄家
新栄
水月
つたや
春中
舞鶴
まこと
大和
米本


春日井・栄家


栄家さんがあったのは、上の写真の塀の向こうのあたり。
見えないじゃないか、と怒られそうですが今は駐車場になっており、当時の建物は残っていません。
下の写真、手前から、新栄さん、○○さん、△△さん、××さんと赤線が並んでいたそうです。
上で○△×と記したのは伏字ではありません。
教えてくださった方が屋号を思い出せなかったからです。


春日井・新栄


なお、○○さんは元洋服屋さんですが、その前は赤線でした。
△△さんは焼肉屋さんですが、その前がキャバレー、そしてその前が赤線でした。
この二軒は当時の建物だそうです。
新栄さんは、建て替えられてデイサービスになっています(軽自動車が停まっている建物)。
××さんは残念ながら今は空き地です。


春日井・つたや・舞鶴


そして、上の写真の駐車場、左につたやさんがありました。
右には舞鶴さんがあったようです。
まことさんがあったのはおそらく、下の写真の奥の駐車場のあたり。
こちらのご主人はとてもいい人だったと、当時を知る方が教えてくれました。


春日井・八重垣スーパー


大和さんがあったのは下の写真のあたり。
大和さんのあとは、スタンドバーエミーというお店でした。


春日井・大和


なお、下の写真に写っている蒸気機関車のように重厚なアパート群ですが、こちらについて確認したところ、昭和39年の建築だそうです。
新築時に知り合いが引っ越したから間違いないとその方は教えてくれました。
確かに、昭和33年の住宅地図では、この場所は空き地です。
そういうわけで、赤線とは関係がなさそうです。


春日井・かすが荘


道風荘・行き方
JR中央本線春日井駅南口下車。徒歩5分程度。
南口を出たら、線路沿い(線路とは少し離れていますが、一番線路に近い道です)を名古屋方面に向かい歩きます。
最初の十字路を左に曲がれば、そこが道風荘のあった通りです。


春日井・道風荘地図


参考ウェブサイト:

トキワ理容店(とても親切な床屋さんです。大すいせん。月曜火曜日定休。3,700円でフルサービスです)
http://www.riyoaichi.or.jp/archives/shoplist/%E7%90%86%E5%AE%B9%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%AF

女装嬢が集う映画館(ユニオン劇場の紹介をしているサイトです)
http://josuu.web.fc2.com/Cinema-kasugai.htm

郷土史かすがい(バックナンバーが全巻読めます。こちら向きの記事は少ないですが、44号の鳥居松工廠の話など興味深いです)
http://www.city.kasugai.lg.jp/shimin/bunka/bunkazai/kyodoshikasugai/index.html


春日井・下宿屋長谷川


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


春日井・ユニオン劇場








春日井・京楽


春日井・鳥居松の民家
(2017年11月25日、2018年3月17日)
posted by ahoujin at 00:49| Comment(2) | 遊郭(愛知県)

2018年02月23日

愛知県・碧海郡安城町 陽貴園赤線(遊郭)跡







安城・バーデンマーク


日本の大動脈・東海道新幹線に存在する秘境駅、三河安城を擁する町・安城。
ぼくの家から一番近い新幹線の駅がその三河安城なのですが、この駅には1時間に2本しかない「こだま」しか停まりません。
「のぞみ」も「ひかり」も容赦なく通過します。
やむを得ず「こだま」で妥協しようとしても、乗換がまた一苦労です。
三河安城は在来線も普通列車しか停まらないのです。
特別快速は言うに及ばず、新快速も快速も、区間快速すらも通過します。
いわゆる「石のやうに黙殺され」る駅なのですね。
そんなわけで、ぼくはいまだに新幹線利用時に三河安城駅を使ったことはありません(豊橋か名古屋に行っちゃいます)。
さてさて、前置きが長くなりましたが、その安城にもかつては、赤線(遊郭)がありました。
その名も陽貴園。


安城・美人組


『愛知県警察史』によれば、陽貴園は業者3名、従業婦10名とのこと。
ぼくにわかっている安城の特殊カフエは以下の4軒です。

所在地 屋号
上細田 梅園荘
上細田 新桝家
荒古  末広
荒古  信力

現在の安城をご存じの方ならおわかりでしょうが、上細田も荒古も現存しない地名です。
ざっくりいうと、現在の末広町・相生町・朝日町のうち、追田川沿いのあたり一帯が上細田にあたります。
また、荒古は上細田の東側に寄り添うようにありました。


では、陽貴園の現在はどうなっているのでしょう?
…実は、もうほとんど何も残っていません。
と言い切ってしまうと、ここで記事が終わってしまうので、一軒一軒見ていくことにしましょう。


安城・特殊カフェ末広


まず、特殊カフエ・「末広」さんがあったのは上の写真のあたり。
まったく普通の住宅街ですね。
知らなければ、普通に通り過ぎてしまいます。
というか、ぼくも実際に通り過ぎていました。

続いて、特殊カフェ・「信力」さんがあった場所は下の写真のあたり。
さきほどの「末広」さんの交差点を南に100メートルぐらい下ってきたところです。
こちらも、完全に住宅街ですね。


安城・特殊カフエ信力


続いて、特殊カフェ・「新桝家」さんがあったのは下の写真のあたり。
道路の右側に見える「ら・むーる」さん(3階建てのビル)は、昭和37年の住宅地図でも「ラムールダンスホール」として確認できます。
この通りも往時は華やかだったのでしょうね。


安城・特殊カフエ新桝家


特殊カフェ・「梅園荘」は前回の記事で触れた掲示板の情報では、陽貴園の組合長とされていますが、ここの場所が実はよくわかりません。
住所からすると、下の写真のあたりなのですが・・・・。
まだまだ、調査が必要ですね。


安城・末広町


下の写真は、(特殊でない)カフエ「ミス上海」があったあたり。
なお、この写真のお家も「料理店」の鑑札がついています。
現在でも、この近辺には安城芸者さんを呼べる料理店が数軒存在していて、花街の雰囲気が味わえます。


安城・カフエーミス上海


トップのカラー写真は、トリスバーがあったあたりに建っていたお家。
安城では一番好きな建物だったのですが、再開発の波にのまれてしまって去年取り壊されました。
ちなみに、この建物の向かいにはかつて映画館があったそうです。


安城・花ノ木観音


安城陽貴園・行き方
JR東海道本線安城駅下車。
南口から徒歩10分ぐらい。


安城・陽貴園地図


参考ウェブサイト:

笑美素会・安城芸妓文化振興会(年会費5千円で会員募集中です!)
http://www.ebisukai.jp/index.html

永井理子instagram(日本一かわいい女子高校生としてグランプリを取った安城出身のりこぴんです。応援してくださいね♪)
https://www.instagram.com/riko_1221/

両口屋菓匠(毎月、第4土曜日だけ発売される”どら娘”がおすすめです)
http://ryouguchiya.com/




にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


安城・閉ざされた集合住宅








安城・バーデンマーク終焉
(2016年9月16日-2018年2月21日)

posted by ahoujin at 14:24| Comment(0) | 遊郭(愛知県)