◆お知らせ◆ このブログはこちらに引越しいたしました。 ブックマークの変更をお願いいたします。

2020年07月20日

三重県・亀山市東町(本町)赤線(遊郭)跡







亀山市・酔仙亭


亀山に久々に来ました。
以前に来たときは、準備不足で、どのへんに赤線があったのか、まったくわからないままに闇雲に歩きました。
もちろん、結果が出るわけもありません。
そういうわけで、今日は、心を入れ替え、しっかり下調べをして、満を持しての亀山入りです。


亀山市・本町へ向かう


さて、亀山の赤線があったのは、どこでしょう?
『全国遊廓案内』には、亀山の遊郭は大字東町にあると記されていますが、現在の東町を探しても赤線跡は見つかりません。
赤線があったあたりは、昭和29年、東町から本町に町名が変わってるんですね。
今の住所で言うと本町3丁目、4丁目の旧東海道沿いに赤線はありました。
現在、このあたりは、取り立てて言うこともない普通の住宅街になっていますが、当時は賑やかな目抜き通りでした。
通りにある郵便局も、今はこじんまりとしたものですが、往時は高層建築だったんですよ。


亀山市・此花跡

亀山市・此花跡千歳楼跡


それでは、亀山の赤線跡を見てまいりましょう。
上の写真、空き地になっているところに、此花というお店がありました。威風堂々とした三層楼で、軒灯もきらびやかに屹立していたようです。
此花の左隣はタバコ屋さん(今でもタイルが残っています)で、その左にあったのが、千歳楼。千歳楼は前述の『全国遊廓案内』にも名前が出ている由緒あるお店ですが、今はもう建て替えられてしまっています。


亀山市・牛乳店


亀山市・牛乳店


この写真(上も下も)は酔仙亭というお店だったお家。
こちらも、前掲書所載のお店です。
お話を聞かせていただいた方によると、ここは当時から残っている建物だそうです。
植木が美しいです。


亀山市・酔仙亭


亀山市・酔仙亭


下の写真は神風楼があった場所。神風楼も『全国遊廓案内』に出ています。
車が駐車している空き地のところに神風楼があったそうです。


亀山市・神風楼跡


文月というお店もありました。
文月さんは、間口が狭い家だったように思う、肉屋さんの右だったか左だったか…ということを覚えてらっしゃる方がいましたが、残念ながら、場所までは確定できませんでした。


亀山市・福助寿司


もう一軒、京屋というお店もありましたが、こちらについては皆目わかりませんでした。
東町にある、同名のうどんやさんのことは、みんなご存知だったんですけどね。
なお、このうどんやの京屋さんは、おいしいらしいですよ!


亀山市・千歳楼跡


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村








亀山市・緑のタイル

posted by ahoujin at 21:43| Comment(0) | 遊廓(三重県)