2017年12月18日

2017年11月20日 愛知県・一宮市松井町 松栄新町赤線(遊郭)跡






一宮松栄新町地図


上の写真は、1959年当時の松栄新町の住宅地図です。
売春防止法が前年に施行されていますが、この時点では特殊飲食店当時の屋号のお店が多いようです。
赤く囲ったのが、特殊飲食店だったと考えられるお家です。
狭い範囲にぎっしりとお店が並んでいたことがよくわかりますよね。


一宮松栄新町・菊屋、有明


もっとも、赤く囲んでいないから特殊飲食店ではなかったというわけではありません。
1955年頃、ここ松栄新町にあった特殊飲食店は18軒でした。
一方、赤く囲んだお家は15軒ですから、囲んでいない家のうち3軒は特殊飲食店だったはずです。


一宮松栄新町・一福、一色堂


なんて、涼しい顔してもっともらしいことを書いていますが、実は松栄新町の所在場所を調べるのはちょっと大変でした。
一宮市松井町に松栄新町という赤線があったことはわかっていたのですが、松井町というのが現存しないのですね。
その上、ネットでも松井町ではほとんどヒットしませんし、たまにヒットしてもその場所までは特定できません。


一宮・松栄新町全景


そんな時に、一宮市の連区について書いたサイトで松井町の名前を見つけたのです。
連区という言葉は初めて知ったのですが、町内会の上部組織みたいなものなのでしょうか?
ともあれ、その連区のサイトで松井町が貴船連区に所属している(た?)ことが判明、あとはひたすら貴船連区にあたる場所のグーグルマップとストリートビュー、それに住宅地図を潰してやっと見つけたのでした。
われながらお疲れ様です(笑)。


一宮松栄新町・日の出、若葉


さて、現在の松栄新町です。
知らずに来たら、近年できた建売住宅街だと思ってしまうかもしれませんね。
でも、それにしてはトタンが多用されすぎていることにすぐ気がつくことでしょう。


一宮松栄新町・SUWARO


この松栄新町で、今でも異彩を放っているのが上の写真のお店。
バーSUWAROです。
SWALLOWではないのですね。
もしかしたら、諏訪楼なのかもしれません。
ちなみに、ストビューでは、「BAR スワロー」という袖看板を見ることができます。


一宮松栄新町・SUWARO扉


なお、念のためにつけくわえますと、松栄新町は店の数は多いですが、通り抜けるのに1分もかからないような狭さなので、花岡園のついでに寄るぐらいでちょうどいいですよ。


一宮・松栄新町SWAROU


下は有名な、ウバ車ビル。
これを見ると、一宮の町に来たんだなと実感しますね。
ツイッターで写真はよく見ていたのですが、実物を見るのは初めてだったので、感無量でした。
一階の営業していなそうなテナントも渋いです。


一宮・ウバ車ビル


松栄新町・行き方
名鉄本線名鉄一宮駅・JR東海道本線尾張一宮駅下車。徒歩20分程度。
東口から出て真清田神社に向かいます。
真清田神社についたら、反時計回りに外周に沿って歩いて行けばOK
(下の地図で赤丸がついているのが松栄新町です)。


一宮松栄新町新地図


参考ウェブサイト:

伊藤ウバ車店(泣く子も黙る伊藤ウバ車店の公式サイト。店長さんは大正生まれだそうです)
http://138.iinaa.net/

ザ・ルーモァバーガー(有名なハンバーガー屋さんのようです)
https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23041538/

一宮モーニングエンジェルス・喫茶アールグレー(松栄新町でモーニングを食べるならこちら!)
http://138morningangels.blogspot.jp/2015/11/blog-post_7.html


一宮・松栄新町の草


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


一宮・BARスワロー


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


一宮松栄新町に向かう


posted by ahoujin at 19:55| Comment(0) | 遊郭(愛知県)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: