2019年01月03日

愛知県・宝飯郡形原町 形原歓楽荘赤線(遊郭)跡






形原町下川原のタイル


JR東海道本線の蒲郡駅の南側。
ちょこんといった感じに名鉄蒲郡駅があります。
名鉄蒲郡駅を出発した電車はしばらく東海道本線と並走します。
でも、それも蒲郡競艇場駅まで。
蒲郡線はそこからJRと別れ、南へ向かってのんびり走ります。
2両編成の真っ赤なワンマン電車。
同じ愛知なのに、遠くに旅行に来た気になってしまいます。


形原町・形原駅ホーム
名鉄形原駅ホーム


目的の形原駅までは、蒲郡から約7分。
静かなたたずまいの無人駅です。
この駅が赤線・形原歓楽荘の最寄り駅なんですね。
今でこそ、30分に1本の各駅停車が停まるだけの駅ですが、以前は特急停車駅だったそうです(ウィキペディアによる)。


形原町・形原駅
名鉄形原駅駅舎


形原には形原温泉がありますが、形原歓楽荘があったのは温泉街ではありません。
今は埋め立てられて海岸線が遠くなっていますが、当時は海沿いだった下川原でした。


形原町・形原歓楽荘遊郭跡


『愛知県警察史』によると、形原歓楽荘の業者数は9軒となっています。
ただ、なかなかよい資料に出会えなかったので、訪問時点でぼくが確認していた特殊飲食店は1軒だけでした。


形原町・形原歓楽荘の入口
通りの入り口


名鉄バスの音羽橋(おっぱばし、と読みます)バス停の脇から細い通りに入ります。
この通りに、その1軒の特殊飲食店がありました。
通りの入り口付近にしもた屋がありますが、それ以外は住宅街にしか見えません。


形原町・形原歓楽荘のしもたや
通りのしもた屋


そんな地味な通りを行ったり来たりしていますと、ちょうどごみを捨てに出てきたお姉さんがいました。
年齢的にも昔のことを知っていそうなので、お話をお伺いすることにしました。


形原町・形原歓楽荘特殊飲食店
形原歓楽荘跡


お姉さんによると、この地味な通りが赤線のメインストリートでした。
左右にお店が通りの向こうまで並んでいたそうです。
ちょうど、お姉さんがごみを出した場所の向かい側、ここが昔は木村館というお店(業態は旅館)でした。
今はもう取り壊してしまったそうですが、下の写真の右側のあたりです。
1962年の住宅地図だと大村館と表示されていますが、木村館の誤りです。


形原町・形原歓楽荘木村館跡
木村館跡


また、下の写真の右側の建物が遊郭(とお姉さんはいいました)、左側の建物が置屋さんだったそうです。


形原町・形原歓楽荘遊郭と置屋
火を見たらスグ119番ダヨ


下の写真は料理旅館・初音さん。
初音旅館さんには置屋・喜乃栄が併設されていました。

お姉さんによると、初音旅館は明日から取り壊しが始まるところだとのことでした。
今、google mapの航空写真を見ますと、初音さんがあったところは黒々とした地面がのぞいています。
予定通り、取り壊されてしまったのでしょう。
なお、ストリートビューでは在りし日の初音さんの姿を見ることができます。


形原町・初音旅館
初音旅館


形原歓楽荘・行き方
名鉄蒲郡線形原駅下車。
駅前を通っている栄町通りを東へ300mの音羽交差点を北へ曲がり、川を渡ってすぐのY字路を右へ。
本文では蒲郡駅から形原駅に向かっていますが、反対側・吉良吉田駅から形原駅に向かう方が景色が良いので
おすすめです。


形原町・形原歓楽荘
形原歓楽荘


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村


形原町・猫








形原町・玉つき
このあたりに玉突き場があった


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


形原町・形原の海
形原の海を望む
(2017年10月12日)
posted by ahoujin at 00:05| Comment(0) | 遊郭(愛知県)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: