2016年08月23日

2016年8月13日 岡山県・倉敷市 旧岡田村横溝正史疎開宅 





了然和尚

「気ちがいじゃが仕方がない。―」(「獄門島」)

というわけで、岡山県倉敷市旧岡田村に行ってきました。
ここは横溝正史が疎開していた土地として知られており、この土地で「本陣殺人事件」、「獄門島」、「夜歩く」などの諸作を著しました。
つまり、横溝正史ファンにとって、この土地は聖地なのですね。
ネットでダウンロードしたマップを片手に歩いてきました。


清音駅

伯備線の清―駅でおりて、ぶらぶらと川―村の方へ歩いてくる一人の青年があった。(「本陣殺人事件」)

有名な、金田一耕助の初登場の場面ですね。
ぼくは、清音駅(原作では清―駅)前のパン屋さんとタバコ屋さんで売っているという、ミステリーガイドブック(300円)を買う予定でしたが、折悪しくいずれのお店でも売り切れでした。
9月から11月にかけて、金田一耕助がらみの各種イベントが予定されているようですので、それに合わせて改版しているのかもしれません。
ちなみに、この清音駅周辺は総社市です。
横溝作品には何かと出てくる地名ですので、横溝ファンとしては総社と聞いただけでワクワクしてきますよね。
(そうじゃ、そうじゃと同意の声)


煙草屋

耕助はそこの曲がり角にある煙草屋へ入っていった。そしてチェリーをひとつ買うと、煙草屋のおかみさんにこんなことを訊ねていた。
「おかみさん久―村へ行くのはこの道を行けばいいんですか」(「本陣殺人事件」)


まさか、当時のものではないでしょうが、今も曲がり角の近くに煙草屋がありました。
おそらく、この煙草屋さんのおかみさんも、大勢の横溝ファンから質問攻めにあっていることでしょう。
「おかみさん久―村へ行くのはこの道を行けばいいんですか」


一膳飯屋

川田屋というのは、この物語の一番最初に三本指の男が現れた、村役場まえのあの一膳飯屋のことなのである。(「本陣殺人事件」)

この川田屋はもちろんファンサービスであって、現役の食堂ではないのですが、とてもいい感じです。
この辺りは横溝正史がらみでない家でも、なかなか味わい深い建築が多いように思います。
傍らには記念撮影用の看板もあります。


濃茶のばあさん

「しかし、あの濃茶の尼というのは、いったい何者なのです。どうしてあんなにしつこくぼくにつきまとうんです」(「八つ墓村」)


「たたりじゃー」で有名な濃茶の尼の名前はここから名づけられたという、濃茶のばあさんの祠です。
また、「獄門島」の了然和尚の寺・千光寺の名前のもととなったお寺もすぐ近くです。
なお、左端に写りこんでいるのは同行した友人のヒューイ・ルイスさんです(嘘)。


横溝正史宅

私の疎開していた農家は天井も柱も長押も全部紅殻塗りであった。そのことが私に「黄色の部屋」を連想させ、こういう家を舞台に純日本式構成で、密室殺人が書けないものかと工夫をこらしはじめた。(「真説・金田一耕助」)

たどり着いた横溝正史疎開宅の門は閉じられていました。
まったく気にしていなかったのですが、開館時間が決まっていて、毎週火水土日の10時から16時までが見学時間だったのです。
同様に、大池の脇にある”真備ふるさと歴史館”も16時までだったため見学できませんでした。
今後行かれる方は、開館日と時間をチェックしてから行ってくださいね。


大池

左を見ると池の中に小さな島が突出していて、その島にまつってある祠が、水のうえにあざやかな影を落としていた。(「空蝉処女」)


この小説、「空蝉乙女」は、手元の角川文庫版では、「うつせみおとめ」とルビがふってありましたが、大池のほとりにあった看板では、「うつせみのおとめ」となっていました。
作家は、どちらのつもりで書いたのでしょう。


一柳家跡地

私はこの土橋を渡って、屋敷の北側をくぎっているがけのうえの、ふかい竹藪の中へもぐりこんだ。(「本陣殺人事件」)

地元の方によると、この写真の奥の方に本陣殺人事件の一柳家のモデルになった家があったのではないか、とのことでした。
今回の散策では、メインともいうべき疎開宅の中にこそ入れませんでしたが、往時、横溝正史も歩いた道をのんびりと歩くことができたのですから、大いに横溝成分を補充することができたのでした。


参考ウェブサイト:

巡・金田一耕助の小径(まずは、このサイトから。岡田村だけじゃなく岡山県全体の横溝マップもあります)
http://www.kurashiki-tabi.jp/kindaichi/

茶木みやこオフィシャルサイト(古谷一行版の横溝正史シリーズのED曲は名曲でしたね)
http://www.chakimiyako.com/index1.html

井出野屋旅館(長野県の旅館です。映画『犬神家の一族』で坂口良子さんが女中をしていた旅館ですね)
http://www.idenoya.server-shared.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村



タグ:旅行 岡山 文学
posted by ahoujin at 21:12| Comment(0) | 中国地方

2016年08月18日

2016年8月14日 広島県・竹原市 大久野島





うさけつ


お盆の真っただ中の8月14日、ねんがんの大久野島に行ってまいりました。
大久野島?
そうです、そうです。
あのうさぎ島ですね。
知らない方のために説明しますと、野生のうさぎさんたちがわんさと住んでいる素敵な素敵な島なんです。


simple sea


今回の旅行の計画を立てたのが、1週間前のこと。
お盆ですから、当然のようにホテルの空きもなく、半ばあきらめていましたが、しつこくじゃらんを攻め続け、なんとか空室をゲット。
昨夜は福山夏まつりでにぎわう福山の町で一泊したのでした。

今朝は早い電車で福山を立ち、糸崎で呉線に乗り換え、最寄りの忠海駅に到着したのは7時55分でした。
ちなみに「忠海」は「ただのうみ」と読みます。
謙虚ですね。


かんばん


駅舎を出て右へ進むと、大久野島行の船が出る忠海港に行きます。
でも、その前に飲み物を買おうと駅の左にあるファミマに立ち寄ったのですが、これが大正解。
ここのファミマは大久野島へ行く人のために、うさぎさんのえさを売っていたんです。
種類は、ラビットフード、きゃべつ、にんじん。
それぞれ100円です。
また500円の詰め合わせもあります。
ぼくはラビットフード、同行の友人はきゃべつを購入しました。
なお、ラビットフードは量が少なく見えますが、けっこう入っていましたので、日帰りなら100円分で十分だと思います。
お店にも書いてありましたが、大久野島ではうさぎさんのえさは売っていないので予め用意しておく必要があります(人間用の食べ物をうさぎさんにあげることはできません)。

さて、えさと飲み物(これは自分用)を購入したら港へ向かいます。
港までは歩いて約5分。
そこそこ通行量がある道路なのに歩道がありませんので、お子様連れの方はお気を付けください。


切符売り場


港につきました。
まだ朝早いし、すいているかな〜と思ったら大間違い。
フェリー乗り場は長蛇の列、切符売り場も人が並んでいました。
フェリーの時間ぎりぎりに来たりすると、切符が買えずに乗り遅れる可能性がありますから(待ってくれるかもしれませんが)、早めに来た方がいいみたいです。
そうそう、フェリー乗り場でもラビットフードを100円で販売していますので、ファミマで買えなかった方はこちらでどうぞ。


フェリーに乗船


船に乗っている時間は5分ぐらいでしょうか。
あっという間に大久野島につきました。


ぞろぞろとフェリーから降ります。
うさぎさんは?
あれ、いないなあ・・・と思っていると、向こうを走っている小動物!
うさぎさんです。
そして、日陰に行くと、あっちにもこっちにもうさぎさんが。
おもいおもいの格好でくつろいでいます。


おもいおもい


説明によると、島のうさぎさんは700羽ぐらいだということですが、なんかもっといっぱいいるような気がします。
それだけ、たくさんいます。


眠い子


なお、ぼくと友人は徒歩で島の展望台まで上がりましたが、足元もあまりよくなく、かなりの難関でした。
シダにおおわれて先が見えない道を進んだり、クモの巣にひっかかったり。


まちかね


だから、来る人も少ないのでしょうか。
途中で出会ううさぎさんたちは大歓迎してくれるので、苦労して登った甲斐はありますよ(この登山道のうさぎさんたちは水に不自由してそうなので、きれいな水を持っていけたら持って行ってあげてください)。


道なき道を行く


島にはうさぎさんだけでなく、戦争遺構もかなり残っています。

発電所跡



参考ウェブサイト:

休暇村大久野島(うさぎさんのことをとても考えていらっしゃる宿泊施設です。船の時刻表もあります)
http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

うさぎの楽園(大久野島のうさぎさんの老舗サイトです。おすすめ)
http://uta-jima.com/

大三島フェリー(忠海港から大久野島を通って大三島まで行くフェリーを運航しています)
http://sanyo-shosen.jp/omishima/



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




posted by ahoujin at 00:21| Comment(0) | 中国地方

2015年10月27日

2015年8月30日 広島県・尾道市 尾道本通り商店街





IMG_2883.jpg

8月の最後の日曜日、友人と落ち合って尾道に行ってきました。
尾道は2回目、と言っても前に来たのは20年も前のことです。
あの頃は駅前がもっと寂しかったような気がします。

IMG_2889.jpg

尾道は、駅前から続く商店街(尾道本通り商店街というそうです)が素晴らしいのです。
もちろん、観光地である以上、観光客目当ての薄っぺらいお店もあります。
でも、それ以上に、凝った店構えの、こだわりが感じられるお店が多いのです。

IMG_2890.jpg

ここの商店街を見上げながら歩いていると(特に二階部分に味がある店が多い)、『様々なる意匠』という言葉が浮かんできます。
おもいおもいの、それでいて一種統一された美しさがこの商店街にはあるのです。

IMG_2899.jpg

写真が拙いために、この商店街の良さの半分も伝えられないのが実にもどかしいです。

IMG_2900.jpg

前回、尾道に来た時もこの商店街を通りましたが、その時はこの商店街の良さに気がつきませんでした。
ちょうど、Jリーグができたばかりの頃で、商店街にもJリーグのテーマが流れていました。



参考ウェブサイト:

尾道本通り連合会(尾道本通り商店街のオフィシャルサイト!お店の外観の写真がもっとあればいいんですけど)
http://www.okaimonomichi.com/index.htm

TEPPEI NOTE(尾道の商店街を推しています!)
http://www.tepkode.com/2015/01/2721.html

ワゴンに乗ってでかけよう Vol.4-1 時をかける少女〜広島県・尾道市ロケ地を訪ねて〜(とてもわかりやすいです)
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/seasea/tokikake/onomichi.htm





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村







タグ:旅行 広島
posted by ahoujin at 14:41| Comment(0) | 中国地方