2016年09月09日

2016年9月4日 兵庫県・たつの市 御津町室之津遊郭跡





室之津港



かなり昔のことですが、竹久夢二に傾倒していました。
その頃にぼくが通い詰めていたのが、室之津。
現代の地名では室津なのですが、夢二の絵では室之津なので、ぼくの中ではここは室之津なんです。
通い詰めた、と言っても何をしていたわけでもありません。
ただ防波堤にすわって、暮れていく海を眺めていました。



室之津きむらや



竹久夢二が宿泊して、ここの女主人をモデルに作品を描いたと言われるのが上の写真のきむらや
神姫バスの室津西口バス停前にあります。
このきむらやさんで名物の穴子丼を食べるべく入店しました。
ところが、どうも店内がバタバタしています。
聞いてみると、団体さんがこれから来るので、今からだと1時間は待ってもらうことになります、とのこと。
穴子丼は断念せざるを得ませんでした。




室津漁港




きむらやさんの前の道を下ると、室津の港です。
事前の調査では、土日は14時までこの港で魚市場が開かれているとのことだったので期待していましたが、しばらく前から日曜日の市は無くなっていたようで、穴子丼に続き、魚市場も残念な結果に。



室津海駅



気を取り直して、室之津の街並みです。
細い道の両側に、古い家々が並びます。
奈良井宿も同様に古い家々が並んでいましたが、あちらはよくも悪くも観光地の商店街といった風情でした。
室之津は日常の暮らしそのままの飾らない街並みがただ続いています。


室津



室津海駅館と室津民俗館の両方で尋ねましたが、室之津遊郭の建物はもう残っていないとのことでした。
当時、遊郭があったのは下の地図で赤く囲ったあたりだそうです。



室津遊郭


下の写真で言うと、この道の左側一帯です。
当時の建物では無いとわかっていても、ひょっとしたらと思わせてくれるようないい感じの建物が並んでいますよ。


室津遊郭跡


写真は撮らなかったのですが、室之津にはお夏清十郎の清十郎の生家跡もあります(こちらも建物はありません。石碑だけです)。
数ある夢二の足跡のうち、ぼくが特に室之津に入れ込んだのは、このお夏清十郎の影響も大きいです。
お夏清十郎のエピソードを知ったのは、朝日新聞社の『日本列島恋歌の旅』(池田弥三郎著)でした。
朝日新聞のたぶん日曜版とかの記事を本にしたものなのでしょうが、恋歌等の舞台となった土地を情緒的な文章と美しい写真で紹介したこの本は、文学少年(笑)だった高校生の頃の自分にとってバイブルでしたね。
もし、古本屋で見つけたらぜひ読んでみてください。
おすすめです。



室津船大工



帰り道、道の駅まで歩いたのですが、途中に坂水地蔵尊(下の写真です)がありました。
説明によると、この地蔵尊のあたりは傾城ケ嶽といい、遊女が身を投げたところだそうです。
芥川が芸術としてのキリスト教を愛したように、ぼくは芸術としての遊郭を愛しています。
けれども、そこで働かざるを得なかった方たちのこと、そして、現代でも同じような境遇にある方がいることを思うとき、たまらない気持ちになるのです。


坂水地蔵尊


室之津・行き方
山陽電鉄網干駅から神姫バスウェストで大浦行きに乗車、室津西口あるいは室津下車。
乗車時間は25分程度。
バスの本数が極端に少ないので、予め時間を調べてから行った方がいいです。
特に帰りの時間は要チェック!です。
なお、土日祝日なら、
室津16:43発→山電網干17:15着(神姫バスウエスト)
山電網干17:20発→JR網干17:34着(神姫バスウエスト)
JR網干17:44発米原行新快速(始発)
という、とても便利な行程で帰ることができますよ。




参考ウェブサイト:

お好み焼き小嶋(安くておいしい!店内の雰囲気もいい感じです♪)
http://tabelog.com/hyogo/A2805/A280501/28005732/

室津・浄運寺(遊女教化の御遺跡)その2(室津の遊女だった友君の墓を紹介されています)
http://blogs.yahoo.co.jp/zenibakojoudoji/19298146.html

たつの市観光協会御津支部(たつの市にはなってしまいましたが、やはりここは御津町なんですよね)
http://www.kanko-mitsu-hyogo.jp/index.html

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




神姫バス

posted by ahoujin at 09:45| Comment(2) | 遊廓

2016年08月30日

2016年7月29日 大阪府・東大阪市長田西 旧アイワ(株)近畿営業部跡





長田駅


私は昔、アイワ株式会社というところに勤めていました。
もうとっくの昔に無くなってしまった会社なのですがね。
2年ほど前に、東京・湯島にあった本社跡を訪ねましたが(その時の様子はこちら)、この夏は東大阪市・長田にあった近畿営業部跡を訪ねてみました。


長田駅改札


近鉄の生駒駅でけいはんな線(当時は東大阪線)に乗り換えます。
そういえば、ラジオたんぱでケイ・アンナの番組を聴いていたなあなどと、よしなきことを考えているうちに長田駅に着きました。
ぼくがこの長田駅を使っていたのは、もう20年以上も前のことなのですが、駅構内は、ホーム・トイレ・改札付近と、当時とほとんど変わっていませんでした。



長田駅入口



長田駅の2番出口から出ます。
出ると、いきなり大規模小売店舗がありました。
かなりおしゃれです。
何もないのが長田駅というイメージでしたが、さすがに20年も経てば地上はそういうわけにはいきませんよね。
なお、しゃぶしゃぶ木曽路は健在だったことをここにお伝えしておきます。
シーグラー(紳士服店でした)はファミマになっていましたけどね。


長田・水田


さて、長田駅から中央大通りに沿って西へ歩きます。
この通りは、とにかく田んぼだらけで、カブトエビの観察をしながら通勤してたという牧歌的な記憶があります。
でも、今や水田は建物と建物の隙間にやっと残るばかり。
しかも、残った田んぼもフェンスで囲まれてしまっているのでカブトエビの観察などできそうにありませんでした。


長田・チコマート


三菱東京UFJ銀行(旧東海銀行)の角を北に曲がります。
上の写真のあたりにはチコマートというコンビニエンスストアがありましたが、無くなっていました。
一個目の筋を左へ曲がります。
すると右手にながはら病院があります。
当時は、東長原病院といった記憶があったので不思議だったのですが、WEBサイトによると平成22年に病院名を変えたとのことでした。


長田・雀荘


そのまままっすぐ歩きます。
次の角にあったスナックは改築して普通の家になっていました。
その並びの釜揚げうどんやさんも普通の家に。
また、左にあった雀荘も右にあった雀荘も、看板は健在でしたが営業しているかどうかは不明です。
次の角が、アイワがあったところです。


長田・旧アイワ


上の写真が、アイワの近畿営業部があった建物です。
あまりにも変わっていなくて、びっくりしました。
変わったのは看板の社名と、右手の駐車場が舗装されたことぐらいでしょうか。
あとはもう何もかも変わっていないのです。
一挙に20年の時の流れが、無くなってしまったような不思議な感覚でした。
ただ、会社の正面にあった、ソフト99は無くなっていて、健康ランドになっていました。
また、すぐ近くにセブンイレブンができていたりして、なんかすごい便利そう・・・。
当時からこれだったら、何日も家に帰らずに麻雀やってたかも。


長田・ティファニー



当時、ランチはブリックとティファニーという近くにあった2つの喫茶店のどちらかに行くことが多かったです。
久しぶりなんで両方行きたかったのですが、さすがに2食は食べられません。
迷った末に、ブリックではなくティファニーへ。
ブリックは外観しか見ていませんが、当時よりもおしゃれなお店になってましたよ。


長田・ティファニーランチ



ティファニーは全く当時と変わってませんでしたねえ。
いたずら書きがされた木のテーブルとか、とってつけたようなサンルームとか、中庭の7人のこびととか。
もちろん、働いている人は変わっていましたが・・・(当時はご姉妹で働かれていたような)。
今でも、夏のランチは冷麺定食が多いのでしょうか。



長田・ティファニーこびと








参考ウェブサイト:

田んぼに暮らす生きた化石「カブトエビ」(写真がきれいです)
http://www.monstersproshop.com/tadpoleshrimp/

10年ぶりの後輩と会ってきました♪(ブリックが大々的にフィーチャーされています)
http://4travel.jp/travelogue/10746647

食べログ・ティファニー(ランチタイムは分煙してくれるとうれしいのですが)
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27038359/

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




東大阪市長田・喫茶ブリック
タグ:旅行 大阪
posted by ahoujin at 18:38| Comment(0) | 近畿地方

2016年08月23日

2016年8月13日 岡山県・倉敷市 旧岡田村横溝正史疎開宅 





了然和尚

「気ちがいじゃが仕方がない。―」(「獄門島」)

というわけで、岡山県倉敷市旧岡田村に行ってきました。
ここは横溝正史が疎開していた土地として知られており、この土地で「本陣殺人事件」、「獄門島」、「夜歩く」などの諸作を著しました。
つまり、横溝正史ファンにとって、この土地は聖地なのですね。
ネットでダウンロードしたマップを片手に歩いてきました。


清音駅

伯備線の清―駅でおりて、ぶらぶらと川―村の方へ歩いてくる一人の青年があった。(「本陣殺人事件」)

有名な、金田一耕助の初登場の場面ですね。
ぼくは、清音駅(原作では清―駅)前のパン屋さんとタバコ屋さんで売っているという、ミステリーガイドブック(300円)を買う予定でしたが、折悪しくいずれのお店でも売り切れでした。
9月から11月にかけて、金田一耕助がらみの各種イベントが予定されているようですので、それに合わせて改版しているのかもしれません。
ちなみに、この清音駅周辺は総社市です。
横溝作品には何かと出てくる地名ですので、横溝ファンとしては総社と聞いただけでワクワクしてきますよね。
(そうじゃ、そうじゃと同意の声)


煙草屋

耕助はそこの曲がり角にある煙草屋へ入っていった。そしてチェリーをひとつ買うと、煙草屋のおかみさんにこんなことを訊ねていた。
「おかみさん久―村へ行くのはこの道を行けばいいんですか」(「本陣殺人事件」)


まさか、当時のものではないでしょうが、今も曲がり角の近くに煙草屋がありました。
おそらく、この煙草屋さんのおかみさんも、大勢の横溝ファンから質問攻めにあっていることでしょう。
「おかみさん久―村へ行くのはこの道を行けばいいんですか」


一膳飯屋

川田屋というのは、この物語の一番最初に三本指の男が現れた、村役場まえのあの一膳飯屋のことなのである。(「本陣殺人事件」)

この川田屋はもちろんファンサービスであって、現役の食堂ではないのですが、とてもいい感じです。
この辺りは横溝正史がらみでない家でも、なかなか味わい深い建築が多いように思います。
傍らには記念撮影用の看板もあります。


濃茶のばあさん

「しかし、あの濃茶の尼というのは、いったい何者なのです。どうしてあんなにしつこくぼくにつきまとうんです」(「八つ墓村」)


「たたりじゃー」で有名な濃茶の尼の名前はここから名づけられたという、濃茶のばあさんの祠です。
また、「獄門島」の了然和尚の寺・千光寺の名前のもととなったお寺もすぐ近くです。
なお、左端に写りこんでいるのは同行した友人のヒューイ・ルイスさんです(嘘)。


横溝正史宅

私の疎開していた農家は天井も柱も長押も全部紅殻塗りであった。そのことが私に「黄色の部屋」を連想させ、こういう家を舞台に純日本式構成で、密室殺人が書けないものかと工夫をこらしはじめた。(「真説・金田一耕助」)

たどり着いた横溝正史疎開宅の門は閉じられていました。
まったく気にしていなかったのですが、開館時間が決まっていて、毎週火水土日の10時から16時までが見学時間だったのです。
同様に、大池の脇にある”真備ふるさと歴史館”も16時までだったため見学できませんでした。
今後行かれる方は、開館日と時間をチェックしてから行ってくださいね。


大池

左を見ると池の中に小さな島が突出していて、その島にまつってある祠が、水のうえにあざやかな影を落としていた。(「空蝉処女」)


この小説、「空蝉乙女」は、手元の角川文庫版では、「うつせみおとめ」とルビがふってありましたが、大池のほとりにあった看板では、「うつせみのおとめ」となっていました。
作家は、どちらのつもりで書いたのでしょう。


一柳家跡地

私はこの土橋を渡って、屋敷の北側をくぎっているがけのうえの、ふかい竹藪の中へもぐりこんだ。(「本陣殺人事件」)

地元の方によると、この写真の奥の方に本陣殺人事件の一柳家のモデルになった家があったのではないか、とのことでした。
今回の散策では、メインともいうべき疎開宅の中にこそ入れませんでしたが、往時、横溝正史も歩いた道をのんびりと歩くことができたのですから、大いに横溝成分を補充することができたのでした。


参考ウェブサイト:

巡・金田一耕助の小径(まずは、このサイトから。岡田村だけじゃなく岡山県全体の横溝マップもあります)
http://www.kurashiki-tabi.jp/kindaichi/

茶木みやこオフィシャルサイト(古谷一行版の横溝正史シリーズのED曲は名曲でしたね)
http://www.chakimiyako.com/index1.html

井出野屋旅館(長野県の旅館です。映画『犬神家の一族』で坂口良子さんが女中をしていた旅館ですね)
http://www.idenoya.server-shared.com/

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村



タグ:旅行 岡山 文学
posted by ahoujin at 21:12| Comment(0) | 中国地方

2016年08月18日

2016年8月14日 広島県・竹原市 大久野島





うさけつ


お盆の真っただ中の8月14日、ねんがんの大久野島に行ってまいりました。
大久野島?
そうです、そうです。
あのうさぎ島ですね。
知らない方のために説明しますと、野生のうさぎさんたちがわんさと住んでいる素敵な素敵な島なんです。


simple sea


今回の旅行の計画を立てたのが、1週間前のこと。
お盆ですから、当然のようにホテルの空きもなく、半ばあきらめていましたが、しつこくじゃらんを攻め続け、なんとか空室をゲット。
昨夜は福山夏まつりでにぎわう福山の町で一泊したのでした。

今朝は早い電車で福山を立ち、糸崎で呉線に乗り換え、最寄りの忠海駅に到着したのは7時55分でした。
ちなみに「忠海」は「ただのうみ」と読みます。
謙虚ですね。


かんばん


駅舎を出て右へ進むと、大久野島行の船が出る忠海港に行きます。
でも、その前に飲み物を買おうと駅の左にあるファミマに立ち寄ったのですが、これが大正解。
ここのファミマは大久野島へ行く人のために、うさぎさんのえさを売っていたんです。
種類は、ラビットフード、きゃべつ、にんじん。
それぞれ100円です。
また500円の詰め合わせもあります。
ぼくはラビットフード、同行の友人はきゃべつを購入しました。
なお、ラビットフードは量が少なく見えますが、けっこう入っていましたので、日帰りなら100円分で十分だと思います。
お店にも書いてありましたが、大久野島ではうさぎさんのえさは売っていないので予め用意しておく必要があります(人間用の食べ物をうさぎさんにあげることはできません)。

さて、えさと飲み物(これは自分用)を購入したら港へ向かいます。
港までは歩いて約5分。
そこそこ通行量がある道路なのに歩道がありませんので、お子様連れの方はお気を付けください。


切符売り場


港につきました。
まだ朝早いし、すいているかな〜と思ったら大間違い。
フェリー乗り場は長蛇の列、切符売り場も人が並んでいました。
フェリーの時間ぎりぎりに来たりすると、切符が買えずに乗り遅れる可能性がありますから(待ってくれるかもしれませんが)、早めに来た方がいいみたいです。
そうそう、フェリー乗り場でもラビットフードを100円で販売していますので、ファミマで買えなかった方はこちらでどうぞ。


フェリーに乗船


船に乗っている時間は5分ぐらいでしょうか。
あっという間に大久野島につきました。


ぞろぞろとフェリーから降ります。
うさぎさんは?
あれ、いないなあ・・・と思っていると、向こうを走っている小動物!
うさぎさんです。
そして、日陰に行くと、あっちにもこっちにもうさぎさんが。
おもいおもいの格好でくつろいでいます。


おもいおもい


説明によると、島のうさぎさんは700羽ぐらいだということですが、なんかもっといっぱいいるような気がします。
それだけ、たくさんいます。


眠い子


なお、ぼくと友人は徒歩で島の展望台まで上がりましたが、足元もあまりよくなく、かなりの難関でした。
シダにおおわれて先が見えない道を進んだり、クモの巣にひっかかったり。


まちかね


だから、来る人も少ないのでしょうか。
途中で出会ううさぎさんたちは大歓迎してくれるので、苦労して登った甲斐はありますよ(この登山道のうさぎさんたちは水に不自由してそうなので、きれいな水を持っていけたら持って行ってあげてください)。


道なき道を行く


島にはうさぎさんだけでなく、戦争遺構もかなり残っています。

発電所跡



参考ウェブサイト:

休暇村大久野島(うさぎさんのことをとても考えていらっしゃる宿泊施設です。船の時刻表もあります)
http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

うさぎの楽園(大久野島のうさぎさんの老舗サイトです。おすすめ)
http://uta-jima.com/

大三島フェリー(忠海港から大久野島を通って大三島まで行くフェリーを運航しています)
http://sanyo-shosen.jp/omishima/



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




posted by ahoujin at 00:21| Comment(0) | 中国地方